傘のお手入れ

雨傘をご使用になられた後のお手入れ

あじさい/ヌレンザ 等
  • 1. 雨水に は色々な不純物が含まれておりますので淡水(シャワー等)で軽く洗い流してください。
  • 2. 傘を広げて室内干しをしてください。
  • 3. 室内干しで十分に乾かした後、市販の撥水スプレーで万遍なく適量をふきかけ、しっかりと乾かしてください。(スプレーをかけることで生地の撥水力が持続します)
    ※「ヌレンザ」に関しましては「新超撥水雨傘」ですので、撥水スプレーは使用しないでください。
  • 4. 傘を閉じて、上部の留め具(持ち手の方)だけを留めて保管してください。(中程の留め具を長時間使用しますと折跡がつき、生地の変色・傷みの原因になります)
  • 5. また保管の際には、傘をストッキング等に収納されますと傘の風合いが長持ちします。(ストッキングは通気性が良く、締め付けも緩く、ほこりなどの付着を防いでくれます)

晴雨兼用傘をご使用になられた後のお手入れ

なつめ 等
  • 1. 雨水には色々な不純物が含まれておりますので淡水(シャワー等)で軽く洗い流してください。
  • 2. 傘を広げて室内干しをしてください。
  • 3. 室内干しで十分に乾かした後、市販の撥水スプレーで万遍なく適量をふきかけ、しっかりと乾かしてください。(スプレーをかけることで生地の撥水力が持続します)※「なつめ」に関しましては生地にセラミック粒子が練り込んでありますので、撥水スプレーをかけますと素材感より光沢感が増し、本来の風合いを損ねるのでご注意ください。
  • 4. 傘を閉じて、上部の留め具(持ち手の方)だけを留めて保管してください。(中程の留め具を長時間使用しますと折跡がつき、生地の変色・傷みの原因になります)
  • 5. また保管の際には、傘をストッキング等に収納されますと傘の風合いが長持ちします。(ストッキングは通気性が良く、締め付けも緩く、ほこりなどの付着を防いでくれます)

日傘をご使用になられた後のお手入れ

  • 1. ほこりを払って室内干しをして下さい。
  • 2. 傘を閉じて、上部の留め具(持ち手の方)だけを留めて保管してください。(中程の留め具を長時間使用しますと折跡がつき、生地の変色・傷みの原因になります)
  • 3. また保管の際には、傘をストッキング等に収納されますと傘の風合いが長持ちします。(ストッキングは通気性が良く、締め付けも緩く、ほこりなどの付着を防いでくれます)

折り畳み傘をご使用になられた後のお手入れ

折り畳み傘の場合は、できるだけ長時間折り畳んだままにしない事をお勧めします。長時間保管しておきますと、折り目が傷みやすく、生地の風合いを損ねる原因になります。特に素材に正絹を使用している傘に関しては特に折り目が付きやすいのでご注意ください。